英語でネイティブが使うバレンタインデーに送るメッセージはこれ

 

 

 

2月14日はバレンタインデーですね。
年齢関係なく小学生から大人までワクワクドキドキする日となりました。

 

 

日本と外国のバレンタインの習慣の違い

 

日本では、チョコレートを
女性から男性へ送る習慣があります。また、義理チョコや友チョコにMy チョコなんてのも存在します。



外国では逆です。男性が女性へ何かプレゼントをする習慣があります。
うちの小学生の子供は同級生の女の子にM&Mの板チョコをもらってきました。笑
本命チョコだけで
義理チョコや友チョコは外国では存在しません。



また、ホワイトデーも外国には存在しませんので女性は何もしなくていいんですよ。



その「バレンタインデー」ですが英語ではSaint Valentine’s Day もしくは St Valentine’s dayといいます。

 


英語でメッセージを送るときはHappy Valentain’s Day! などを言われます。では、実際に外国での習慣やこの日に贈るメッセージを紹介したいと思います。



バレンタインデーの由来について

 

 

 

 

英語圏から始まった バレンタインデー。どうしてこのような日が生まれたのかその由来を調べてみました。


実は悲しい由来!!!

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。
当時、ローマでは、2月14日は女神・ユーノーの祝日だった[1]。ユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神でもある。翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。当時若い男たちと女たちは生活が別だった。祭りの前日、女たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れることになっていた。翌日、男たちは桶から札を1枚ひいた。ひいた男と札の名の女は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められていた。そして多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚した。
ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。

引用元:Wikipedia

ローマ帝国時代に厳しかった男女の関係を意味する文章ですが、今現在はとてもわくわくする楽しい日になりましたね。

 


実は死刑になった日が2月14日 (ヒューPhew!!!)




アメリカでは1840年から始まったのですが、基本的にはカードなどを送る習慣があります。アメリカではクリスマスカードに次ぎたくさん送られるカードとなります。

 



クリスマスは家族で過ごす習慣ですが、バレンタインデーは恋人がロマンチックに過ごす日となります。



 

バレンタインデーの英語圏での習慣について

 

 

私の経験をご紹介させてもらうと、大きな花束とチョコレート、ベアのぬいぐるみ、カードを添えて職場に配達屋さんが届けてくれました。



この時期はショッピングモールの花屋さんはてんこ盛りに花束をお店にかざり、ぬいぐるみなども普通の日以上に店頭においています。値段も普段の倍近くになります、でも男性は平気で彼女に買ってくれるわけです。笑



レストランはこの日は早くから予約でいっぱいです。



男性が大活躍し恋人を喜ばせる日となります。
日本とは習慣が違うので面白いですね。


 

英語でバレンタインカードにメッセージを書く

 

 

  • Happy Valentine’s Day, Honey!
    ハッピー バレンタインズデー

    これはよくカードにもすでに書かれていることが多いですね
    SNSのメッセージでとりあえず朝恋人に送る言葉としていいと思います。



  • Wishing the sweetest, happiest day to my forever Valentine.
    私の永遠のバレンタインとってもスィートで幸せな日を祈ってるよ。

    ここでお使われている「forever 」は「永遠」にという意味ですが、よく使われます。
    例えば、forever my boyfriend もしくはforever my husband などと使われます。


  • Tonight is all ours.
    今夜は僕たちの日だね。

    ロマンチックですよね。
    英語圏は男性が結構ロマンチックなのでそれに慣れている女性は期待してしまうところがあるかもしれません笑



  • Especially today, I hope you feel how much I love you and how grateful I am to have you in my life.
    特に今日は僕がどれだけ愛しているか、僕の人生であなたと一緒にいれることが素晴らしいことなのか感じてもらえますように!


  • You take my breath away.
    息を飲むくらいあなたは素敵だ


  • You have no idea how sexy you are.
    どれだけあなたが素敵かってことを知らないでしょ!


  • Be my Valentine.
    私のバレンタイン(恋人)になって!

  • Will you be my Valentine?
    私のバレンタイン(恋人)になって?



    これも定番です。カードなんかに書かあります。
    告白のようなイメージメッセージです。
    ドキドキ♡


  • I am very into you.
    私はあなたに夢中です。

    女性的にはこの言葉を言われるといちころですね笑


  • Would you like to go out with me?
    一緒に出掛けませんか?

    まだ、恋人でない彼女に一緒に出掛けませんか?と聞くとカジュアルですが、あなたに興味がありますというニュアンスが含まれています。




まとめ

外国では愛の告白などはSNSなどのメッセージで送るのではなく、お花などを用意してカードに書いて自分の気持ちを会って伝える習慣があります。
そのため、Face to Faceでしっかり相手の目をみて気持ちを伝えましょう!
女性の方もこのような習慣とフレーズを知っているといいですね。

コメントは受け付けていません。